正倉院展 古梅園の墨 平螺鈿背圓鏡

墨の制作を400年以上続けている株式会社古梅園(こばいえん)の営業の人が、新しく作った鑑賞用の墨を持ってきてくれました。

奈良で行われていた「正倉院展」のために作られた、平螺鈿背圓鏡というものです。(なんと読むのかまた聞いておかないと)
正倉院御物の中でもよく知られている鏡を模した墨だということです。

このように裏面は光沢があり、鏡の面を表わしているということです。
大きさは直径約10cmぐらいでしょうか。鑑賞用としては綺麗なものです。

この墨は販売されています(税込10500円)ので、もし興味のある方は当社の問い合わせフォームからご連絡ください。

表面の模様がすばらしいですね。
正倉院にまつわる鑑賞用の墨はあと2つありますので、また次回紹介したいと思います。

Share Button